四中だより No.9 【2014年2月7日】

更新日: 平成26年02月07日(金曜日) 

:ipdf: 四中だより No.9 【2014年2月7日】




校長講話「いじめを考える」 ~2月全校集会~


 2月5日、全校集会で「いじめを考える」というテーマで話をしました。1月7日市内中学生の傷ましい事故が発生しました。詳細はわかりませんが、「いじめ」が要因と報道されています。それ以来、ずっと私なりに考えに考えた結果、このテーマで、この時期に、全校生徒に話をしなければならないと判断しました。
 「いじめ撲滅」のためには、いじめとは何か正しく理解し、その上で解決策をみんなで協力して実行することが必要です。保護者の皆様にも講話の内容をお知らせし、ご理解とご協力をいただきたいと思います。講話の内容は、次の通りです。


①いじめは「犯罪」 
傷害罪、脅迫罪、恐喝罪、暴行罪、器物破損罪、窃盗罪など直接な行為だけでなく、
ネットに悪口を書く、噂を流す・・等は、侮辱罪、名誉毀損罪などに該当します。

②いじめの構造
20140228-1393550360.jpg
*「いじめ」は被害者と加害者が明確です。「ケンカ」とは違います。「いじめ」は一方的で長期間    続きます。自覚がない場合もあります。だから、いじめを抑止するには、「観衆」「傍観者」にならない意識改革が必要です。

③いじめの種類
・仲間外し・・ライン外し、無視(シカト)、ジロッとにらむ 等
・身体への攻撃・・物を投げる、たたく 等
・いやがることをする・・物を隠す、壊す、落書き、うわさや悪口 等

④この後の学活で考えてほしいこと
・学校から追放したい人に使っていけない言葉
・「観衆」「傍観者」をなくすための提案


 講話の直後、教室にもどり④について各自の考えを書いてもらいました。いじめを撲滅したいという気持ちは、教師も生徒も保護者も全員同じです。このことを機に、学校職員の取り組み、生徒会での取り組みを実施します。また、保護者の皆さんと連携した取り組みも、理事会等で話題にしながら、具体的「一手」を打ちたいと考えています。


  • 更新日:2014年02月28日 01:29

 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00404798 7days0959 Yesterday0136 Today0030 IP check in 30 min