四中だより No.5 【2012年10月25日】

更新日: 平成24年10月30日(火曜日) 
四中だより No.5 【2012年10月25日】

「試合で勝つ」意味

校 長  星  淳 一

 部活動について、昨年来様々な話をしてきました。活躍がめざましい今年度、少しだけ紹介します。とくにこだわってきたのが、「試合に勝つ」ことの意味です。
 大会シーズンが一区切りした今、これまで話をしてきたことを、少しだけ紹介させていただきます。 


~先月の新人大会壮行式で~

 「試合で勝つ」ということは、単に点数や記録で勝つだけではありません。「あいさつ」も、「応援」も「感謝の心」も全ての点で勝つことなのです。その全てで勝って初めて、「試合に勝った」と言えるのです。春の地区総体で、3年生は実際の行動でそれを見せてくれました。だから、四中生が大会関係者からたくさんのお褒めの言葉をいただいたのです。試合マナーのよさ、あいさつの大きさ、応援態度、補助員としての熱心な働きなど、どの学校よりも立派だったと聞いています。


~昨年の全校集会で~

 昨年の地区中総体直前こんな話をしました。「千葉県の柏高校吹奏楽部」の話です。吹奏楽とマーチングの名門高校です。モットーは「美しい音楽は、美しい環境から」。総勢100名を超える部員は、毎朝早く学校にきます。朝練習をするのかな、と思ったらそうではありません。タワシや雑巾を持って、学校の掃除をするのです。廊下やトイレもぴかぴかになるまで磨きあげます。一流のチームが「試合で勝つ」理由が少しわかります。


~県大会、地区吹奏楽コンクール報告会で~

 7月に村山地区吹奏楽コンクールがありました。コンクール会場は「寒河江市民文化会館」です。会場に、本校野球部の3年生が応援に来ていました。楽器の運搬も全てしてくれました。吹奏楽部が大事な楽器を持って、野球部の大会で応援してくれたからです。そのお礼に、今度は野球部の3年生が、コンクールの応援に来てくれたわけです。「感謝の心」です。


  • 更新日:2012年12月07日 01:27

 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00404799 7days0960 Yesterday0136 Today0031 IP check in 30 min