四中だより No.1 【2012年4月18日】

更新日: 平成24年04月18日(水曜日) 
四中だより No.1 【2012年4月18日】

たくましく誠実に生きる生徒を育てる

校 長  星  淳 一

 日に日に暖かくなってきました。

今年の冬はとても厳しいものでしたが、いつの間にか春は巡って来ていたようです。



 いよいよ平成24年度を迎えました。

4月2日、教頭以下9人の新任職員を迎え、総勢35人となりました。

同時に9日の入学式では134人の新入生を迎え、全校生431人でのスタートです。



 さて、今年度の学校経営にあたり、表題の教育目標としました。

大きくは変わりません。

と言うよりも、私が在任中はこの教育目標で一貫していきたいと考えています。

昨年1年を過ごし、本校に求める生徒の姿として最も大切なことと確信しております。

実は、この「たくましく誠実に生きる」ことは、開校以来めざしてきた生徒の姿「真剣に勉強する生徒」「ねばり強くがんばる生徒」「思いやりの心を持つ生徒」そのものです。



 今年は、創立20年周年の記念する年でもあります。

同窓会も発足しました。

今年が、20周年にふさわしい年になるよう、教職員一丸となって教育活動に励むつもりでありますので、よろしくご協力お願いいたします。







入学式の式辞 「目標づくり」 ~一部抜粋~ 


   (中 略)  

 中学校で作る目標は、2種類あるべきだと私は考えています。

まず一つ目の目標は、「自分のため」の目標です。

自分を伸ばすための目標といってもよいでしょう。

「勉強を頑張る」とか「本をたくさん読む」のように、皆さんの多くの人が考えている目標です。



 一方、もう一種類というのは、「他の人のため」の目標です。

自分以外の他の人のために、「何をするか」ということです。

昨年の東日本大震災によって、私はそのことに気付きました。

というよりも、四中の生徒と地域の方に教えられたと言った方が適切です。

    

   (中 略)  

 震災後、日本中でたくさんの人が「人のために」何かをしようと行動しました。

「人は人によってのみ磨かれる」と言います。

他人のために行動する行為こそが、人間を磨くことだと、改めて感じているところです。



 ところで、皆さん一人一人には、自分にしかない「可能性」をもっています。

それは、他の人では決して真似 できないものです。

「可能性」というのは、飛び抜けた才能だけではありません。

勉強や様々な体験を通して、自分の中から見つけ出すものだと思います。

そして、この自分の「可能性」が、将来、人のため発揮されることになるはずです。



 二種類の目標をつくることは、幅広くこの可能性を見つけることになります。

第四中学校で、学校の先生と一緒に、自分の可能性を見つけ伸ばしていきましょう。



   (中 略)  

  • 更新日:2012年04月17日 10:01

 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00404795 7days0956 Yesterday0136 Today0027 IP check in 30 min