ホーム 学校便り ページ.14

四中だより No.3 【2011年6月29日】

更新日: 平成23年06月29日(水曜日) 
四中だより No.3 【2011年6月29日】

四中生の「美質」・・地区総体でも

校 長  星  淳 一

 6月18日~20日(陸上競技は19、20日に実施)にかけて、東村山地区中学校総体が開催されました。

とりわけ三年生にとっては、中学校生活の一大行事であります。

この日を目標に、日々練習を積み上げてきました。

結果として、多数の入賞を果たすことができ、とてもうれしく思っております。

また、入賞には一歩届かなくとも、各種目ですばらしい試合をしてくれたという報告を受けています。

これまで支援していただいた保護者の皆様、コーチの方々に深くお礼申し上げる次第であります。



 さて、今回の総体を通して、四中生がたくさん褒めていただいた、という話が耳に入っております。

試合に臨む態度や応援が、とても立派だということです。

同様のことを、複数種目の関係者から聞いていますので、おそらく全ての部に当てはまることだろうと思います。

わざわざ電話をいただき、直接お褒めの言葉をいただいたこともありました。



 実は、ここに至るまでには、それなりの背景があります。

5月に行われた市総体で、試合態度で、注意を受けることがあったのです。

勝ち負けだけにこだわり、部活動の本質を見失っているのではないかと思いました。

このことをきっかけに、学校全体で「部活動の本質」について、問い直す必要があると考えました。



 6月1日の全校朝会で、一流アスリートの信条や強豪校の実践を例に挙げながら、何より大切なのは「感謝の心」であることを確認しました。

同時に、総体を迎えるまでの三週間、「全てに感謝する」態度で活動する必要があると話をしました。

それ以後、熱の入った練習に加え、「清掃」「挨拶」「生活態度」などに変化が見られるようになりました。



 この間、生徒と顧問が少なからず「感謝の心」を意識して生活したように思います。

そして、結果として大会会場で「立派な姿」として表れたのでしょう。

実際、私が担当している水泳競技でも、本校生徒の応援や会場での振る舞いは、他校の模範となるものでした。

大きな声でまとまった応援が他校を刺激し、いつの間にか会場全体が熱気にあふれた応援になった現実があります。

22日の大会報告会でこの話を生徒にしたところです。

          

 1学期の始業式で「日本人の美質」という話をしました。

震災直後、世界中の人が絶賛した「日本人の美しい行動」です。

「思いやり」「やさしさ」「ねばり強さ」「規範の高さ」などです。

このような行動は、本校の目指す生徒像に全く重なるものだと生徒に訴えました。



 「感謝の心」という人間としての美質が、本校生徒にも備わりつつあることを、地区総体を通して実感しているところです。




四中だより No.2 【2011年6月3日】

更新日: 平成23年06月03日(金曜日) 
四中だより No.2 【2011年6月3日】

大会までになすべきこと

校 長  星  淳 一

 6月に入り、深緑が美しく映える季節になりました。
4月の入学式以降、駅伝大会、創立記念式、生徒総会、修学旅行、校外学習と大きな行事が続き、充実した2ヶ月でした。
本校では、1年を7つの節に分けて、節ごとにねらいをもって教育活動に当たっています。
ちょうどその第1節を計画通り、無事終えたところであります。


 さて、6月1日の全校朝会で、これから迎える地区総体、吹奏楽コンクール、その他クラブに所属して試合に臨む生徒達に話をしました。
元柔道世界チャンピオン山下泰裕選手と、市立柏高校吹奏楽部石田監督のエピソードを交え、以下の様な内容の話をしたところです。


<一部抜粋>

二人が大切にしているのは、勝負とは直接関係のない、人間として当たり前のことを、あたりまえになすべきことです。
「謙虚な心」「素直な態度」「一生懸命掃除」「挨拶」などです。
これらのことは、全て「感謝の心」からくるものだと、私は考えています。
全国大会で優勝する団体が「挨拶」や「感謝」を重視していることが多いことは、当然なことだと思います。
プレーヤーである前に人間であれ、ということなのでしょうか。
「指導して下さる先生」「練習する仲間」「親や家族」に対する感謝はもちろん、「試合の相手」「審判」「運営のスタッフ」そして「施設や物品」にまで、感謝することが何より大切なことなのです。




ホームページをリニューアルしました

 本校の公式ホームページを一新しました。
新しいホームページには、様々な機能が備わっており、これから広く活用できます。
学校やPTAからのお知らせの他、早急な連絡方法にも利用できます。
電話連絡網では、全員に情報を回すまでに相当の時間がかかるわけですが、ホームページを利用することで、一斉に情報を得ることができます。
迅速にかつ正確に情報を伝えるための連絡手段として、ホームページも加えたいと考えているところです。
また、将来的には、メール配信することも視野に入れているところです。


 なお、「本校運用規定」により、生徒および職員(校長を除く)の実名、住所、電話、生年月日、個人が特定される写真等は一切掲載しないことになります。
また、今年度に発足予定の「同窓会」のコーナーも設置しています。
是非、ご覧いただきご意見いただければ幸いです。


URL  http://www.tendo4.jp/

「天童四中」でも検索できます。また、携帯電話でも閲覧できます。

四中だより No.1 【2011年5月25日】

更新日: 平成23年05月26日(木曜日) 
四中だより No.1 【2011年5月25日】

「たくましく誠実に生きる天童四中生」

校 長  星  淳 一

 東日本大震災等で日本中の混乱が続く中、平成23年度を迎えることになりました。
4月1日、校長を含め8人の新任職員が着任し、総勢35名でのスタートです。
そして7日の入学式。
141人の新入生を迎え、全校生432人で、新年度を順調に滑り出したところです。
慌ただしく過ごした4月でしたが、大きな問題もなく、計画通り正常な教育活動が営まれております。
やや遅れてしまいましたが、本紙面のように「四中だより」として、学校の様子を保護者、地域の皆様にお知らせしたいと考えております。


 さて、PTA総会でもお話しましたが、今年度の教育目標を表題のように掲げました。
目標の文言は変わりましたが、基本的には昨年度までの教育活動の延長上にあるものです。
当然、生徒の様子、私たち(保護者、地域、学校職員)の願い、山形県の方針、天童市の方針を十分に検討した結果であります。
これまで積み上げてきた教育活動を整理し重点化して、職員の力を結集することで一層の教育効果を高めたいと考えております。


 「たくましく誠実に生きる」ことは、開校以来のめざす生徒像「真剣に勉強する生徒」「ねばり強くがんばる生徒」「思いやりの心を持つ生徒」そのものであり、20年経過した現在でも、私たちが目指す生徒の姿であります。


 その目標達成のため、私たち職員が力を尽くすべき3点を以下のように定めました。


  • 重点1:確かな学力
    ・・授業改善を通して、主体的に学習に取り組む態度を育てます。
  • 重点2:豊かで強い心
     ・・よさを認め合う学級・学年集団づくりを中心に、他を思いやる心、何事にもねばり強く取り組む強い意志を育てます。
  • 重点3:人と関わる力
     ・・「体験」の場、「対話」の場を多く設け、「コミュニケーション能力」「対人関係能力」を高めます。


 創立20年目の今年度は、建学の理念を胸に刻みながら、新たな伝統と歴史を創り上げたいと思いますので、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。


 なお、近日中に本校のホームページをリニューアルいたします。
「四中だより」の他、PTA活動の記録、年間の行事予定など様々な情報が掲載しております。
詳細は、次の「四中だより」にてお知らせいたします。


生 徒 総 会 生 徒 総 会
生 徒 総 会

全校ボランティア 全校ボランティア
全校ボランティア



Prev123...121314Next

 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00404594 7days0999 Yesterday0145 Today0101 IP check in 30 min