秋場歯科校医からのメッセージ

更新日: 平成23年06月17日(金曜日) 

 6月2日・9日・16日の3日間、歯科検診をしていただいた歯科校医の秋場先生から、歯を守るためのメッセージをいただきました。これからの健康のために、是非実践しましょう。


 はじめまして。本年度より天童市立第四中学校の歯科学校医となりました、あきば歯科医院の秋場克己です。どうぞよろしくお願いします。

 6月に3回にわたり皆さんの歯科検診を行いました。検診で感じた事は、第1大臼歯(前から数えて6番目の永久歯)に治療した跡がとても多いということです。この歯は6歳臼歯をも言われ、小学1~2年生の頃に生えてきます。生えたばかりの歯は非常にむし歯になりやすいため、比較的早い時期にむし歯になってしまい治療が必要になったのだと思います。

 中学生になると第2大臼歯(前から7番目の永久歯)が生えてきます。この歯にとって中学生である今の時期が、1番むし歯になりやすい時期です。歯ブラシを1番後ろの歯までしっかり入れて、しっかり磨きましょう。

 中学生の皆さんは、自分の歯(永久歯)をこれから約70年間使い続けることになります。一生自分の歯で食事をするためには、今の歯磨きが大事なのです。

 歯磨きの最大の目的は、歯の表面からプラーク(歯垢)を取り除くことです。プラークは、歯と歯ぐきの境目、歯の小さな溝やすきま、凹部にたまります。特に下のイラストの部分は、みがいているつもりでも、歯ブラシが届いていない場合が多いので、注意が必要です。



  • 更新日:2011年06月17日 05:10

 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00408536 7days0967 Yesterday0120 Today0001 IP check in 30 min