2012年1月の一覧表示

Prev1Next

四中だより No.10 【2012年1月25日】

更新日: 平成24年01月26日(木曜日) 
四中だより No.10 【2012年1月25日】

3学期を迎えて ~有終の美を飾る学期に~

校 長  星  淳 一

  激動の卯年が終わり、辰年を迎えました。

辰は日本では「竜」を指し、「竜」は水を司る「水神」と言われています。

昨年は、世界中でこれまでにない水害が起こりました。

大雨、洪水そして3.11の津波です。

水神を迎えた今年は、きっと穏やかで、明るい年になることでしょう。

3学期が始まってから2週間ほど経ちました。

授業中の様子を見ていると、昨年以上に真剣な姿が印象的です。

2学期後半から、各学年で取り組んでいる「学力向上策」の成果が出ていると感じています。

さて、3学期始業式で私は次のような話をしました。



 今学期頑張ってほしいのは、『+1の伝え方』です。

これはどういうことかというと、ただ、話すのではなくプラスして「相手が理解しているか、相手の表情を見ながら伝える。

」こと。

「話す」+「確認」つまり今回は、話す人の方の問題です。

よく感じるのは、特にグループでの話し合いで、それぞれの意見と意見が絡まずに、話し合いが深まらない場面です。

相手に考えが半分しか伝わっていないからです。

自分の考えを全て相手に伝えるのは、とても難しいことなのです。


 だから、伝わっているかどうか、確認しながら伝える事が大事になります。


 そうすることで、相手に分かってもらおうという姿勢が生まれます。


 ・「話し合い」が深まれば、「協力」が高まります。


 ・「協力」が高まれば、「学級力」が高まります。


 ・「学級力」が高まれば、「学力」が高まります。



 いよいよ3年生は受験シーズンに入りました。

これから受験を迎える生徒達は、胸がつぶれるほど、不安でいっぱいだと思います。

しかし、これは越えなければならないハードルです。

まさに登竜門(とうりゅうもん)です。

そんな受験生だからこそ、家庭では特別扱いせず、家の手伝いはもちろん、これまで通りの生活をさせることが重要だと思います。


なぜなら、これまで通りの「当たり前の日常」がもっとも落ち着く場所だからです。


【登竜門】
 成功へ至るために越えなければならない関門。


 中国の黄河上流にある流れの急な「竜門」と呼ばれる難所を鯉がのぼることができれば、竜になるという伝説から。



リーダー研修会

 昨年の12月27日、新生徒会執行委員と1・2年生の学級委員41名で、リーダー研修会を行いました。

「リーダーとしての責任」(校長講話)、「学級・学年の課題」(アンケートから)、「今後目指す四中の姿」、「三年生激励会・送る会の原案作成」と、内容の濃いものでした。

参加した生徒の目に、これからの四中を引っ張ろうとする真剣さが感じられました。


 参加した生徒の感想です。



 ◇ この研修会に参加して、自分は準備不足だったと思っています。

それは、前日の執行部で集まった時に、真面目にしていなかったからだと思います。

このことから、打ち合わせや話し合いにもっと真剣に取り組むこと、どの場面でどのような事が起きるかを、あらかじめ考えておくことの大切さを学びました。



 ◇ 私は、リーダーとして目指すべき姿は何か考えました。

クラス全体を見通し、一人一人が意識を持って、みんなで高め合い、全員が信頼しあえるクラスにしていきたいです。

自分だけでなく、全体を見通す力を持ったリーダーを目指していきたいです。



Prev1Next
 
:star1.0: トップページ 
:star1.0: 学校案内 :star1.0: 学校経営 :star1.0: 学校の沿革 :star1.0: 校歌 :star1.0: 校章
:star1.0: ホームページ作成上のガイドライン  :star1.0: 学校いじめ防止基本方針 
:star1.0: 新着情報 :star1.0: 連絡事項 :star1.0: PTA活動 :star1.0: 学校便り :star1.0: 部活動 :star1.0: 同窓会 :star1.0: 予定表 :star1.0: リンク集
:star1.0: サイトマップ
Total00399656 7days1279 Yesterday0164 Today0164 IP check in 30 min